大雨の後は山沿いの道路に注意を

 去る9月8日に上陸した台風18号などの影響で、関東・東北南部を中心に記録的な豪雨となり、鬼怒川の堤防が決壊するなど大きな災害となりました。


 こうした大雨の後では、天気が回復した後も道路陥没や路肩の崩壊などに注意する必要があります。


 雨の影響で、すでに東北自動車道で法面が崩れて一時的に通行止めになったり、一部の国道・県道で崩落のため通行止めとなっていますが、災害がなかったと思われる道路でも、後日突然に、道路陥没が発生したり亀裂が入って崩落する例があります。


 大雨の影響で道路地下の水位が上昇し地下に大きな空洞ができたり、のり面や斜面が侵入した水の粒子のため崩れやすくなっています。


 ですから天候が回復して警報などが解除された後も、しばらくは山沿いの道や斜面の多い道路の走行はなるべく避けて、平野部の幹線道路を利用するように努めてください。


 やむを得ず走行する場合は、道路情報の収集に努めるとともに、状況変化を十分に警戒し「今日行く山道では陥没や崩落が発生しているかも知れない」という危険意識を持って臨むことが大切です。


(シンク出版株式会社 2015.9.16更新)

■2016 運行管理者・配車担当者手帳を発売

 「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。