「アナフィラキシーショック」に注意

 交通事故の原因はいろいろありますが、最近のニュースで初めて聞いた言葉がありましたので紹介したいと思います。

 

 さる9月14日、福岡県飯塚市で60歳代の男性が運転する乗用車がセンターラインを越えて対向してきた乗用車に正面衝突する事故がありました。

 

 運転していた男性は、ハチに刺されて病院に向かう途中だったということで、警察ではハチの毒による「アナフィラキシーショック」を起こした可能性があるとみています。

 

 「アナフィラキシーショック」という言葉は初めて聞いたのですが、調べてみますとスズメバチやアシナガバチなどのハチの毒による起こるアレルギー反応で、症状としては、じんましんや全身の皮膚・目のかゆみ、口元のしびれやはれ、吐き気、急激な血圧低下による意識障害などの症状が出るようです。

 日本では、ハチに刺された「アナフィラキシーショック」で年間約20人ほどが亡くなっています。

 

 ハチに刺されたくらいなら、自分で車を運転して病院に行こうと思うかもしれませんが、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」が起こることもあります。

 

 体質にもよると思いますが、ハチに刺されたときには運転を控えたほうがよいかもしれません。

 

(シンク出版株式会社 2015.9.28更新)

■2016 運行管理者・配車担当者手帳──好評発売中

 「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。

 カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月22日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。