路上の落下物を踏まない

 さる9月19日午前2時ごろ、埼玉県三郷市の県道で路上にいた女性が軽乗用車にはねられて死亡するひき逃げ事件がありました。


 後日、自動車運転処罰法(過失運転致死罪)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された運転者は、「前方に毛布のような物が落ちていて、毛布をまたいで走ったが、毛布だと思って確認しなかった」などと容疑を否認しているということです。


 夜間、路上に寝ている人が跳ねられる事故がときどきありますが、そのときの運転者の言い訳は「ゴミのように見えた」など、だいたい同じようなものです。


 いくら毛布のように見えたとしても人間が倒れているのですから、高さはかなりあると思います。その上を車で通過しようとするのは無茶な運転でしかありません。


 たとえ毛布だとしても、その下に何か硬いものが隠れていたら車を傷つけてしまう恐れもありますし、毛布が車に絡まって運転に支障をきたすことも考えられます。


 路上に少し大きな落下物が落ちていた場合、それをまたぐように走るのはリスクしかありません。後続車に注意しながら、避けて走行してください。

(シンク出版株式会社 2015.10.6更新)

■「2016運行管理者・配車担当者手帳」新発売

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。

 カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月27日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。