右折で歩道を横切るときは歩行者に注意

 道路を右折横断するときには、歩行者の見落としに注意しましょう。先日もこんな事故が起こっています。


 10月3日午前12時半ごろ、大阪府吹田市の市道で道路右側の駐車場に右折して入ろうとした乗用車が、歩道を歩いていた4歳の男児を見落として衝突し、死亡させるという事故が起こりました。


 運転者は「子どもに気づかなかった」と供述していますから、対向車線の車が途切れるのに気を取られて歩道上をよく確認しなかったか、男児が車体の死角に入っているのに気づかないでそのまま駐車場に入ろうとしたと思われます。


 こうした事故を防ぐには、歩道を横切る手前での一時停止と、確認を徹底する必要があります。それも「止まったつもり」の中途半端な停止ではなく、「イチ,ニ,サン」と数える間ぐらいは完全に停止して、左右をしっかりと確認する習慣をつけましょう。


 さらに、幼児は身長が低いので、乗用車でも大き目の車であればボディの死角などにすっぽりと身体が隠れて運転席から見えないことがあります。ですから、歩道上を確認するときは少し頭を動かして、死角を少しでも減らす努力が必要です。

(シンク出版株式会社 2015.10.8更新)

■「2016運行管理者・配車担当者手帳」新発売

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。


 カレンダーやメモ欄も、記入欄を多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。