新品スタッドレスタイヤは早めに履き替えを

 北国ではスタッドレスタイヤへの履き替えを準備する時期です。


 まだ早いと考える人もいるでしょうが、初雪が観測された地域もあります。また、新品タイヤの場合は「慣らし走行」が必要なので、少し早いぐらいでちょうどいいようです。

 夏タイヤ同様、スタッドレスタイヤも慣らし走行が重要です。新品の場合タイヤのトレッド面にオイルなどが付着していて、そのままでは氷雪路で本来のグリップ性能が発揮できないからです。


 また、乾燥路面では夏タイヤとスタッドレスタイヤの走行特性には差があり、ブレーキなどの効き具合が若干遅くなるので、ドライバーがそれに慣れるためにも、慣らし走行は必要です。

 タイヤメーカーでは、スタッドレスタイヤの慣らし走行として、雪のない乾いた路面を一定速度で(およそ時速60キロ程度)、一定距離走行し、タイヤのトレッド表面の油分などを取ることをすすめています。走行距離はメーカー・製品によってまちまちですが、およそ100km~200kmとしています。

 新品に替える人は、早めに履き替えて天気の良い日にドライブをしておきましょう。そうすれば、急に初雪が降って雪道を走行する必要が生じても、本来の性能が期待できます。


(シンク出版株式会社 2015.10.19更新)

■「2016運行管理者・配車担当者手帳」発売中!

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダーやメモ欄も、記入欄を多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。