シートベルトのある座席では必ず着用しよう

 シートベルトの着用が全席で義務化されたにもかかわらず、まだ後部座席でシートベルトを着用しない人が少なくありません。とくに高速バスやマイクロバスなどに乗った時シートベルトを締めない人が多いのではないかと思います。


 最近、国土交通省が事故調査報告書を公表しニュース報道されていたのですが、昨年、富士市で高速バスがトラックに追突しバス運転者が死亡した事故では、運転者がシートベルトをしていなかったため、ハンドルで腹部を強打したのが死亡の大きな要因であることがわかりました。


 運転者自身がベルトを着用しないような高速バスでは、乗客にも強く着用を求めているとは思えません。プロでさえこのような意識なのですから、一般の着用率が上がらないのも当然といえます。


 旅館や施設などの送迎マイクロバスに人を乗せる時も、シートベルトを着用してくださいと強く指導していない場合があるのではないでしょうか?


 乗客の方も、マイカーに乗るときはきちんと着用する人が、なぜか、こうした乗り物では油断しがちです。


 しかし、いつ事故が発生し座席から身体が投げ出されるかわかりません。


 路線バスはベルトがないので無理でしょうが、座席にシートベルトがある車では、必ず着用するように心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2015.11.17)

■雪道・凍結路の危険を理解していますか?

小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。