路面電車の停留所にいる人に注意

写真と文中の事故は無関係です
写真と文中の事故は無関係です

 さる11月14日午後11時ごろ、富山県高岡市の路面電車の電停に立っていた男性が軽自動車にはねられる事故がありました。


 この電停には、車道との間に防護柵や段差がなく、軌道沿いにカラー舗装が施されているだけでしたので、軽自動車が電停の存在に気づかずそこにいた人を見落としたのだと思います。


 路面電車が通行している道路上に電停がある場合、通常は防護柵や段差などが設置されており、運転者も障害物として電停を認識できると思います。


 ところが、今回事故が起きた電停では軌道沿いにカラー舗装が施されているだけですので、運転者としては油断していると電停があることに気づかすに通行することがあります。


 とくに、夜間の場合は見落としがちになりやすいので注意しなければなりません。電停に防護柵や段差などが設置されていない道路は、他にもいくらでもあると思います。


 仮にも軌道沿いに走行しているのですから、どんな形の電停であれその存在は予測しなければなりませんし、ましてやそこに立っている人を見逃すことがあってはなりません。


(シンク出版株式会社 2015.11.19更新)

■運転に悪影響を与える感情や行動をコントロールできていますか?

自己診断テスト「安全運転・自己コントロールレベル診断」は、運転に悪影響を与える感情や行動を、どの程度自己コントロールできているかを診断していただくことができます。

 

具体的に自己コントロールができていない要素に気づくことで、安全運転に結びつけていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。