「わき見」を誘うおしゃべりをやめよう

写真と文中の事故とは関係ありません
写真と文中の事故とは関係ありません

 さる12月8日午前2時すぎ、神奈川県山北町の片側1車線の国道で、男子大学生4人が乗った乗用車が車線をはみ出して、対向車線を走行してきた大型トレーラーと正面衝突し、後部座席に乗っていた男子学生が死亡する事故がありました。


 乗用車を運転していた学生は「仲間とおしゃべりをしていて、前をよく見ていなかった」と話しており、「わき見運転」が事故の原因となっています。


 この事故の直接原因は、「わき見運転」をしたドライバーにあるのは当然ですが、一緒に乗っている仲間ももう少しドライバーに配慮する必要があったのではないでしょうか。


 友人同士で車に乗っていると、話が弾んでくることがありますが、あまりはしゃぎ過ぎるとドライバーは運転に意識を集中できなくなります。


 運転しているドライバーの話題をしたり、話しかけたりしないことはもちろんですが、「あれ見て、見て!」というようなドライバーが「わき見」をするような言葉をかけないことも大事です。


 ドライバーが話に夢中になるようなら、「前を見て運転して」と注意するようにしてください。


(シンク出版株式会社 2015.12.15更新)

■どういった運転場面で「うっかり事故」を起こしやすいかをチェックできます

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、「わき見・漫然運転」をはじめとして「先急ぎ運転」「思い込み運転」によるうっかり事故の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかを知ることができ、具体的な安全運転目標を立てることで、「うっかり事故」の防止をはかることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。