高速道路を出る際にはスピードに注意

写真はイメージです。文中の事故と関係はありません
写真はイメージです。文中の事故と関係はありません

 高速道路を長時間走行していると、スピード感覚が麻痺してきてスピードを出してもさほど危険だと感じなくなることは、皆さんがよく経験されていると思います。

 

 このスピード感覚の麻痺でいちばん危険なのは、高速道路を出たときです。

 

 高速道路から一般道路に出るまで間にランプウエイと呼ばれる取り付け道路が設置されているのですが、この道路は急なカーブになっていることが多く、スピードを出しているとそのカーブが曲がり切れずに路外に逸脱することがあります。

 

 さる1月13日午前11時ごろ、横浜市保土ケ谷区の自動車専用道路から一般道路に出ようとした大型トラックが、出口でカーブを曲がり切れずに高架道路を支える柱に突っ込むという事故がありました。

 

 高速道路を長時間走行して一般道路に出るときには、スピードを落としたつもりでもたいていはスピードを出し過ぎています。

 

 自分のスピード感覚に頼らないで、必ずスピードメーターでスピードをチェックして、確実に安全なスピードまで落とすようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.1.20更新)

■運転に悪影響を与える感情や行動をコントロールできていますか?

自己診断テスト「安全運転・自己コントロールレベル診断」は、運転に悪影響を与える感情や行動を、どの程度自己コントロールできているかを診断していただくことができます。

 

具体的に自己コントロールができていない要素に気づくことで、安全運転に結びつけていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。