事故のときに慌てて飛び出さない

 さる1月18日午前1時10分ごろ、栃木県小山市の県道を走行していた軽自動車が前を走行していた新聞配達員のバイクに追突し、死亡させる事故を起こしました。

 

 事故の際に、軽自動車を運転していた20歳の男性はすぐさま救助のために道路右側に車を止めて車外に出たのですが、そのときに別の軽自動車にはねられて頭などに重傷を負いました。

 

 事故を起こしたときなど、運転者は気が動転してしまい、安全確認もせずに飛び出すことがよくあり、後続車に跳ねられるという事故は少なくありません。

 

 この事故の場合でも、おそらく軽自動車の運転者は早く救助をしなければという気ばかりが焦り、安全確認もせずに車から飛び出していき、その際に運悪く後続車が来ており、跳ねられてしまったのだと思います。

 

 事故を起こすと誰でも気が動転して信じられない行動をとることがありますが、どんなに動転していても、一呼吸置いて心を落ち着けて行動するようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.1.27更新)

■雪道、凍結路の危険に気づいて事故を防ごう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことのできる教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。