路上に出るときは後続車に注意

 さる1月31日午前7時ごろ、大阪市内の国道で道路脇に止めた軽自動車に荷物を積み込んでいた男性が、後ろから来たタクシーにはねられ死亡する事故がありました。

 どのような状況で事故が発生したのかは定かではありませんが、跳ねられたということは、駐車車両よりも車線のほうに出ていたことは間違いありません。
 
 道路左側に止めた車に乗り込んだりするとき、車両よりも少し道路中央よりに出ることがあります。
 とくに、急いでいたり荷物を積み込んだりするときは、あまり後続車のことを考えずに車線中央に出たりしがちなので、注意をしなければなりません。

 どんなに急いでいるときでも、駐車車両よりも車線中央に出て行くときには、車両の横で止まって後方から来る車の存在を確認して、車が来ていればやり過ごしてから出て行くようにしてください。

 後続車は、自分の存在をわかっているだろう、避けてくれるだろうと気軽に考えないようにしましょう。
 後続車のドライバーが少しでもわき見をしていたりすると、衝突されてしまいます。

(シンク出版株式会社 2016.2.5更新)

■他者の事故体験から安全運転を学ぶDVD

DVD「注意一秒怪我一生」は、事故を起こした4人のドライバーが自らの体験を語り、なぜ事故が起こったのかを解き明かし、事故防止のポイントを学ぶことのできる交通安全教育用ビデオです。

 

監修・指導:大久保堯夫(日本交通科学学会顧問・日本大学名誉教授)

製作:斉藤プロダクション

カラー26分(短縮版15分)

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月17日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。