トラックのオーバーハングを警戒しよう

 さる3月21日、東京都江東区の交差点で電柱を積載したトラックが左折しようとしたとき、隣の右車線を走っていたバスに電柱の先端が衝突し、窓が割れて乗客がケガをする事故が発生しました。

 

 電柱は、トラックの車体後部から少しはみ出していましたが、赤い布を付けていて道路交通法は問題のない範囲のはみ出しでした。

 

 トラックなど大型車は車体が長く、車の後輪よりも後方にある車体の部分が右左折時に外側にはみ出します。これをリアオーバーハングと呼び、乗用車の運転者はあまり意識しませんが、注意が必要です。

 

 荷物がはみ出している場合はさらにオーバーハングが大きくなり、この事故のように隣車線の車に衝突する危険もあります。

 

 荷台からはみ出して積載できる長さは、車体全長の10分の1までですが、大型トラックであれば80~90センチもはみ出すことがあります。

 

 大きなトラックが右左折しようとしている横を通過する場合は、オーバーハングをイメージして、十分に間隔をとるように心がけましょう。とくに荷が後方にはみ出している場合は要注意です。

 

 また、トラックで長い荷を運ぶ場合は、右左折時には慎重に後ろを確認し、後側方の車が通過してから行動するように心がけましょう。 

(シンク出版株式会社 2016.3.28更新)

■プロドライバーが読んでおきたい安全運転の秘訣

 

 「真のプロドライバーを育てる安全運転ハンドブック」は、物流技術研究会で培われてきたノウハウや、トラックドライバーとして必要な安全運転の知識などを国土交通省告示の「指導・監督の指針」の内容に基づいて、イラストや図解を中心にまとめた一冊です。

 

 トラックドライバーの安全知識レベルアップに、グループミーティングの題材に、管理者にとっては朝礼やミーティング時の話題提供の資料として、広く活用いただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。