朝の通勤時間帯の無謀な車に注意

 最近ある地方都市に行く機会があり、久しぶりに朝の通勤時間帯に車を運転しました。


 以前から通勤時間は先を急ぐ車が多くて、一時停止も止まらないなど結構無茶な運転をする車が多いというのは認識していましたが、その無茶苦茶な運転は想像を超えていました。

 

 最初に出会った車は、片側1車線の道路で追い越し禁止区間を示す黄色いセンターラインがあったのですが、そんなものは関係なく追い越して行きました。


 もちろん、こちらの車もトロトロと走行していたわけではありませんし、小さなカーブが続いていて直線道路でもない場所だったので、本当にビックリしました。また、片側2車線では頻繁に車線変更する車が結構おり、これにも驚きました。


 余裕のあるスペースに車線変更するのはいいのですが、1.5台分くらいのスペースしかあいていない場所に強引に車線変更していく車も何台も見ました。

 

 朝の通勤時間帯は「先急ぎの心理」から、強引な運転をする車が少ないので、そんな車に十分に注意して運転しましょう。

(シンク出版株式会社 2016.4.1更新)

■低い安全意識が高い代償に結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。