オートクルーズ機能を使うときはブレーキの準備を

 先日、広島県の山陽自動車道の八本松トンネル内で停止していた車両に後続のトラックが追突した事故で、トラックを運転していたドライバーが事故当時、「オートクルーズコントロール」機能を時速90キロに設定して走行していたことが判明しました。

 

 「オートクルーズコントロール」機能は、一度スピードを設定すると、ドライバーはアクセルを踏まなくても同じスピードで走行できますが、ブレーキを踏むと「オートクルーズコントロール」機能は解除され、通常の走行形態に戻ります。

 

 ですから、通行車両の少ない高速道路などを走行するときには非常に楽で便利な機能ですが、アクセル操作が必要がない分、ドライバーの緊張感が無くなり、油断しやすくなり、この事故のように最悪の場合には居眠り運転に陥りやすくなるという欠点もあります。

 

 使用した経験がある人はわかると思いますが、前にスピードの遅い車がいたりするとアッと言う間に追いついてしまい、ちょっと油断していると追突しそうになることがよくあります。「オートクルーズコントロール」を使用するときには、常にブレーキを踏む準備だけはしておかなければなりません。 

(シンク出版株式会社 2016.4.4更新)

■追突事故防止に最適の小冊子です

最も多い事故形態である追突事故を防止しましょう!

 

 追突事故原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のミスによっており、事故防止対策には運転者の追突原因に対する「気づき」が重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転をチェックして、どんな追突事故を起こす危険があるかを自覚することができます。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に効果的な教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月20日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。