今年こそ交通事故死ゼロを達成しよう

 内閣府作成のリーフレット
 内閣府作成のリーフレット

  毎年実施されています「春の全国交通安全運動」が6日から15日までの10日間行われます。

 

 運動の基本は「子供と高齢者の交通事故防止」となっており、全国重点として次の3項目が掲げられています。

 

 ①自転車の安全利用の推進

  (特に自転車安全利用五則の周知徹底)

 ②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトと

  チャイルドシートの正しい着用の徹底

 ③飲酒運転の根絶

 

 これらに加え、各都道府県で地域の重点目標が掲げられているので、それらについても取り組んでください。

 

 また、運動期間中の4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」が定められています。これは平成20年に交通安全に対する国民の意識を高めるため、新たな国民運動として定められたものですが、残念ながら記録の残っている昭和43年以降、全国で交通死亡事故がなかった日はありません。

 

 それほど難しい目標ではありますが、交通社会に参加している一人一人が悲惨な交通死亡事故を無くしていこうと強い意識を持って、行動していくことで必ず達成できると思います。

 今年こそは、交通事故死ゼロを達成しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.4.6更新)

■安全意識が低いと思わぬ事故の代償を払うことになります

軽い気持ちでした運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。