雨の日は道路施設への接触事故が多くなる

雨の日の道路施設への衝突

 最近、沖縄奄美地方で梅雨入りが発表されましたが、もうすぐ本土でも梅雨の季節が到来します。

 

 雨の日と車の運転は非常に相性が悪いのですが、その原因は路面が滑りやすいためスリップ事故が多発するということです。

 

 雨でスリップしやすいとき、どういう事故が起こりやすいか、事故形態別のデータを見るとよくわかります。

 

 平成26年度に首都高速道路で起きた交通事故形態を「晴れの日」と「雨の日」別に見てみると、「晴れの日」は追突事故が5割以上を占めているのに対して、「雨の日」は追突事故は約4割に減少しているのに対して、道路施設への接触が「晴れの日」に比べて3倍も増えています。

 

 また、1時間当たりの施設接触事故件数を見ると、「雨の日」は「晴れの日」の約10倍も増えています。雨天時の施設接触事故の約6割は、時速60キロ以上で走行中に発生していますから、雨の日にスピードを出し過ぎるとスリップしやすくなり、道路施設などへ衝突しやすくなることがわかります。

 

 雨の日は、スピードを落とすことはもちろんですが、車間距離をとって急なブレーキが必要のない運転を心がけてください。 

(シンク出版株式会社 2016.5.30更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

 新刊小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中に起こる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

 5つの問題に回答を記入したのち、解説を読めば、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

 巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月20日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。