免許を自主返納したら絶対に運転しない

 さる6月1日午後2時すぎ、石川県小松市の県道で75歳の男性が運転する軽トラックが対向車線を走っていた軽乗用車と衝突し、そのはずみで歩道の自転車をはね、自転車に乗っていた女性を死亡させる事故がありました。

 

 軽トラックを運転していた男性は、昨年自分の運転免許証を自主返納しており、いわゆる無免許運転でした。

 

 最近、運転技能が衰えた高齢運転者の事故防止政策の一環として、運転免許証を公安委員会に自主返納を促している自治体も多く、返納した人に対して公共交通料金を割引するなどの特典を与えている所もあります。こうした政策はある程度効果があると思いますが、問題は本当に車を運転しなくなるかだと思います。

 

 「本当に車を運転するのは危ない」と自覚した人が免許証を返納した場合はよいのですが、「家族に危ないから車の運転をやめて」と言われて仕方なく免許を返納したような人は、車の運転に未練が残っている人もいると思います。

 

 そういう人は、家に車がありいつでも鍵を持ち出せるような環境であれば、意外と簡単に車を運転するのではないかと思います。

 

 どんな理由であれ免許証を返納したら、その時点で車をする資格はないということを自覚し、絶対に車を運転しないようにしてください。 

(シンク出版株式会社 2016.6.8更新)

■事故による代償の大きさを自覚しましょう

軽い気持ちでした運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月17日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。