マイクロバスでも必ずベルト着用を!

 マイクロバスは旅館・飲食店の送迎用やグループ旅行などに広く活用されています。また、鉄道の駅から大型店舗などへの比較的短い距離の無料バスなども増えています。

 

 以前もお話しましたが、これらのマイクロバスで気になるのは、全員がシートベルトを締めているのかということです。近い距離の送迎などでは乗客も油断して締めていないケースが多いのではないでしょうか?

 

 さる、6月5日山梨県富士市の交差点で、マイクロバスとワゴン車が衝突し、マイクロバスの後部座席に座っていた男性(67歳)が車外に投げ出され胸などを強く打って死亡しました。事故の詳しい状況はわかりませんが、車外放出されたということは、シートベルトを締めていなかった可能性が高いと思われます。

 

 乗用車の助手席などの場合、かなりの人がシートベルト着用を意識するようになってきましたが、後部座席ではまだ着用率が低いのが現実です。

 

 とくにマイクロバス等では気が緩みがちですが、路線バスとして走行している場合を除き、座席に座ったら必ずシートベルトを締めるように心がけてください。

(シンク出版株式会社 2016.6.9更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。