踏切では先の状況をよく確認しておこう

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる6月5日午後8時30分頃、和歌山県白浜町のJR線の踏切内で脱輪していたタクシーに電車が衝突する事故がありました。

 

 タクシーは、乗客を乗せて踏切を通過しましたが、踏切を越えた先の道路が狭かったためにバックしたところ、踏切内で左後輪が脱輪したものです。

 

 踏切内で車と電車が衝突する事故を見ていると、今回の事例のように、車がいったん踏切を通過した後でそれ以上進むことができなくなって、バックしたり切り返しをしていて踏切内で立ち往生するケースが少なくありません。

 

 たとえば、踏切の向う側が狭くて急なカーブになっていたりすると、大きな車などで安易に曲がって行こうとすると1回で曲がり切れないことがあります。

 

 そうすると、バックしたり切り返しをすることになりますが、そのとき脱輪したりに踏切内に車体の一部が残っていて電車と衝突することがあります。

 

 踏切を通過するときには、先の状況がどのようになっているかをよく確認し、狭い道路や急なカーブなどの道路状況であれば慎重な運転操作を心がけてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.6.15更新)

■事故が社会に大きな損害を与えることを指導しましょう

 交通事故によって鉄道をストップさせたり、電柱を倒して停電させたり、田んぼに廃油を流出させるなど、社会に大きな損害を与える事故が発生することがあります。

 

 小冊子「こんなに大きい!事故の社会的損害」は、わずかなミスや、低い安全意識による交通事故が、事故の当事者以外の人にも大きな損害を与え、取り返しの付かない事態に発展することを理解していただくことのできる教育教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。