右折時は対向トラックの後方にいるバイクに注意

 さる8月23日午後9時55分ごろ、埼玉県上尾市の国道交差点で右折しようとした乗用車が、対向車線を直進してきたバイクと衝突し、運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 現場は、信号のある片側2車線の道路で、乗用車は右折レーンを右折していたもので、運転者は「バイクがトラックの後ろに隠れていて気づかなかった」と供述しています。

 

 交差点で右折待機しているときに、対向直進車が1台だけ来ており、その直進車が通り過ぎたら右折できるという状況がよくあります。

 

 そのとき、対向車が通過した直後に一気に右折すると、その死角にバイクが隠れていることがあり、衝突しそうになることが少なくありません。

 

 対向車が乗用車のように車体が大きくない車の場合には、後方にできる死角がそんなに大きくありませんので、バイクが隠れていてもすぐにわかります。

 

 しかし、この事例のように対向車が車体の大きいトラックの場合には、後方の死角が広くなり後方にバイクがいてもなかなか発見できないのです。

 

 右折するときは、対向車が通過しても一気に右折しないで、一呼吸置いてから発進するようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2016.9.1更新)

■見えない危険を予測する意識を高めよう

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、ドライバーの危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月19日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。