見通しのよい交差点では交差車両に目を向けよう

同じような速度で接近すると相手が止まって見える
同じような速度で接近すると相手が止まって見える

 さる9月29日午後3時半すぎ、青森県六戸町の交差点で、児童5人が乗ったスクールバスの左側面に乗用車が衝突し、スクールバスが横転する事故がありました。

 

 現場は、田んぼの中を通る見通しのよい道路で、信号機や一時停止の標識はなく、バスの運転者は「左から走ってきた車が出合い頭に衝突した」と話しているそうです。

 

  この事故は、乗用車の運転者がスクールバスを見落としたか、停止するだろうと判断ミスをしたのだと思いますが、自分の経験からしても、見通しのよい交差点では、本当に交差車両を見落としやすいと思います。

 

 以前、北海道の農道を走行していたとき、交差道路に車がいたのですが、同じスピードで近づいていたために止まって見えたのです。

 

 助手席の人が、「車が来ているよ」と声をかけてくれたので、その車の存在を気にしながら、同時に交差点に入らないようにスピードを調節して近づいていきました。

 

 もし、前方だけを見て運転していると、交差道路から近づいてくる車の存在が途中から消えてしまったかもしれません。

 

 見通しのよい交差点で交差車両を見つけたら、ときどき車両に目を向けて、同時に交差点に入らないように運転してください。

(シンク出版株式会社 2016.10.5更新)

■接触していなくても事故の責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。