合流車を邪魔しないようにしよう

 高速道路の本線に合流するときのように、一般道路の幹線道路に斜めに合流していくことがありますが、ここに入るタイミングは意外と苦労することがあります。

 

 このとき、幹線道路の車があまり多くなければ、さほど苦労することなく合流することができるのですが、問題は幹線道路の走行車両が多く渋滞気味の場合です。

 

 ベテランドライバーなら、わずかな隙間を狙って入ることができるのですが、ドライバーが運転免許取り立ての初心者であったり、経験が少ないドライバーの場合は、ある程度の車間があっても入ることができないことがあります。

 

 幹線道路を走行しているドライバーのなかにも、入れさせまいと車間距離を詰めるようにスピードを上げたり、クラクションを鳴らしたりする意地悪な人もいますので、ますます合流するのに躊躇してしまいます。

 

 こうした合流地点では、お互いのエゴをむき出しにしていると事故のリスクは高くなるだけです。

 幹線道路を走行しているのドライバーの方が、優位の立場にありますから少しスピードを落として合流しやすくしてあげましょう。

(シンク出版株式会社 2016.10.19更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック、バス版)発売中

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。

 カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。