冬シーズン初めのスリップ事故に注意

写真はイメージです。記事の事故とは関係ありません。
写真はイメージです。記事の事故とは関係ありません。

 このところ日本列島は急激に寒くなってきており、北国から初雪のたよりが聞かれるようになりました。

 

 冬のシーズンが始まった当初は、冬型事故が多発するので注意が必要です。

 

 さる10月24日午前7時ごろ北海道和寒町の町道で、乗用車が道路左側にはみ出して電柱に衝突し、後部座席に乗っていた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故が起こった現場は片側1車線の直線道路で、事故当時は雪が降って路面にはシャーベット状の雪が残っていました。運転していた男性は「前の車を追い越した後、運転不能になりスリップした」と話しています。

 

 この事故を見るまでもなく、冬のシーズン初めには一時的にスリップ事故などが多発します。運転者も夏場の感覚で運転していますし、タイヤも夏用タイヤのままで冬用に履き替えていなかったりするためです。

 

 10月末から各地で降雪が観察され始めます。初雪が降った地域では、早めにスタッドレスタイヤに履き替え、少しでも路面に雪が残っていたら慎重な運転をお願いします。

 

(シンク出版株式会社 2016.10.31更新)

■雪道・凍結路の事故を防止しましょう

 

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。