対向車線から追い越してくる車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる11月11日午前7時ごろ、北海道旭川市の片側1車線の直線道路で、軽乗用車が対向車線を走行していた大型トラックを追い越してきた乗用車を避けようとして縁石にぶつかり、その弾みで対向車線に飛び出して大型トラックに衝突し、軽乗用車を運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 郊外の道路を走行しているとき、対向車を走行している車が前車を追い越そうとして、自分が走行している車線を正面から走行してくることがあります。

 

 たいていの場合は、追越しが済むと対向車線に戻るのですが、なかには追越しに手間取ってなかなか元の車線に入れない車もいたりして、正面衝突するのではないかとビックリすることもあります。

 

 そういうときは、ブレーキを踏んでスピードを落として追越車に元の車線に戻る時間を与えるのがいちばんですが、追い越しをしてくる車を予測しておくことも大事です。

 

 追越禁止でない直線道路区間を走行しているとき、対向車線に遅い車がいる場合には、その後ろの車が追い越してくることを予測しておき、対向車線から自車線に出てきたらまずブレーキを踏んでスピードを落としましょう。

(シンク出版株式会社 2016.11.17更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック版、バス版)好評発売中

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。