駐車車両を避ける時は歩行者に注意

 道路脇に駐車している車両があると、減速したり進路変更をして避けなければならなくなり、いろいろと事故の危険が高まります。

 

 皆さんは駐車車両を避けるときどんな点に注意していますか?

 

 まずは、進路変更する前に対向車や後続車の確認をしていると思います。そして駐車車両の乗員がいてドアが開かないかを確認し、少し間隔をとって追い越していますね。

 

 最後に、駐車車両の前に歩行者が隠れていないか確認してから進行していますか?

 

 去る12月12日午後7時頃、沖縄県那覇市の県道で駐車車両を避けて進行しようとした路線バスが車両の陰から出てきた93歳の歩行者をひき、歩行者が死亡する事故が発生しました。

 

 夜の暗い場所で、駐車車両の陰から横断した歩行者の過失は大きいと思われますが、バス運転者の安全確認も甘かったようです。

 

 駐車車両を避けるときは、「死角に歩行者がいるかも知れない」という危険をイメージして運転するように習慣づけましょう。

(シンク出版株式会社 2016.12.22更新)

■見えない危険を予測する意識を高めよう

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、ドライバーの危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。