引っ越すときは車検証も住所変更を

引っ越す時は車検証の住所変更を忘れずに
引っ越す時は車検証の住所変更を忘れずに

 最近、メーカーが特定の車種のリコールをするニュースをよく見かけます。

 

 リコール対象になるとそ車のユーザーに対して、あなたの車はリコール対象になっていますので、近くのディーラーに持って行って無償修理を受けてください、といった通知が届きます。

 

 ところが、この通知の約1割が持ち主に届いていまないことが国土交通省の調査で判明しました。その理由は、転居時に車検証の住所変更をしていない人がいるためです。

 

 平成27年度に、車のメーカーが国土交通省へ届け出た全リコールの対象車は約1899万637台ありますが、うち約180万台分の通知が届かなかったと推計しています。

 

 ご存じのように、リコールは販売後の車に見つかった不具合を無償で改修し、事故を未然に防ぐ制度です。リコール対象になった車に修理をせずに乗っているということは、重大な事故につながる恐れがあります。

 

 リコール通知が届いたら、直ちにディーラーなどに車を持って修理をしてもらうことはもちろんですが、引っ越すときには管轄する運輸支局で車検証の住所変更をしておきましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.1.17更新)

■危険な運転習慣がついていないかチェックしてみましょう

 運転中に無意識に行う危険な行動や悪い癖などが、事故を誘発することがあります。

 

 この自己チェックシートは、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくだけで、さまざまな運転場面で安全運転を妨げる危険な運転習慣や、悪い癖がついていないかを診断することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。