フロントガラスが凍結したまま運転しない

写真はイメージです。文中の事故とは直接関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは直接関係ありません

 冬場になると、野外に駐車している車のフロントガラスに霜が降りていたり、ガラス表面に付着している水分が凍結していることがあります。

 

 さる1月16日午前6時半すぎ、千葉市中央区の交差点で横断歩道を歩いていた高齢者が軽自動車にはねられる事故がありました。

 軽自動車を運転していた男性は、警察の調べに対して「フロントガラスが凍結して前が見えなかった」と供述しているそうです。

 

 霜などが付着している場合は、ウエスなどで拭けばすぐに取れるので問題はないのですが、水分が付着したり雪が降って凍結している場合には、簡単に取れません。

 

 そのため、フロントガラスの運転席の前を少しだけ拭いて運転したり、凍結しままで中からデフロスターをかけていればそのうち溶けるだろうと、そのまま出発する人がいます。

 

 こうした横着な運転態度でいると、いつか事故を起こすことになります。

 

 前が見えないまま運転することほど危険なことはありません。

 フロントガラスが凍っていたら、確実に拭いて視界を確保してから出発するようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2017.1.23更新)

■冬道を運転するときの危険をチェックで確認できる小冊子

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月29日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。