運転中に落ちた物を拾わない

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる1月28日午前11時すぎ、福岡県桂川町を流れる川に乗用車が転落する事故がありました。

 

 救助された30歳代の男性は、「車内で携帯電話が落ちたので拾おうとしてハンドル操作を誤った」と話しているということです。 

 

 携帯電話に限らず、運転中に助手席などに置いたカバンや書類などが落ちて、それを拾おうとしてハンドル操作を誤って交通事故になることがよくあります。

 

 私も経験があるのですが、落ちた書類などは運転に影響を与えるものではないので、落ちたままにしておけばよいのですが、なぜか気になって拾いたくなってしまいます。

 

 最初のうちは理性も働いているので、信号待ちで停止しているときに手を伸ばしたりします。それで取れれば問題はないのですが、取れなければだんだん気になってきて我慢できなくなります。そして、走行中にも手を伸ばしたりして、ハンドル操作を誤って事故になっているのです。

 

 運転中は、落ちた物を絶対に拾わないようにしてください。どうしても拾いたいときには、安全な場所に止めてから行ってください。

(シンク出版株式会社 2017.2.1更新)

■どういった運転場面で「うっかり」しやすいかをチェックできます

 セルフチェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、「わき見・漫然運転」をはじめとして「先急ぎ運転」「思い込み運転」によるうっかり事故の危険度を自分自身で知ることができる事故防止教育教材です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかを知ることができ、具体的な安全運転目標を立てることで、「うっかり事故」の防止をはかることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。