減速してから冷静にハンドル操作をしよう

 皆さんは、危険だなと感じたらブレーキで避けますか?ハンドル操作で逃げようとしますか?

 

 もちろん、どちらを優先すべきかは危険の状況にもよります。しかし、基本的にはまずブレーキで速度を落としてから、ハンドル操作をすることを考えましょう。

 

 さる1月7日京都府福知山市で、介護施設職員の女性(25歳)が運転するデイサービス送迎車が道路右側の住宅に突っ込む事故を起こし、車椅子ごと同乗していた90歳の男性が衝突の衝撃で亡くなりました。

 

 運転していた女性は、小さな動物が出てきたのを避けようとしてハンドルを右に切りすぎて、ぶつかったということです。

 

 このように、猫や犬などの飛出しにびっくりして急ハンドル操作をして事故を起こす例は少なくありません。動物をひいてしまうのが嫌なことはわかりますが、こうした場合、まずはブレーキで減速して衝突の衝撃を少なくしましょう。

(シンク出版株式会社 2017.2.9更新)

■トラック運転者に理解しやすいイラスト中心の教育ツールです

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料Part3を発行

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」を刊行しました。

  平成29年3月12日に施行される「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針」の12項目に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月29日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。