狭い場所での切り返しは慎重に

 さる2月4日、兵庫県洲本市にある観光施設内の道路で、乗用車が道路脇の崖下に転落する事故がありました。

 

 事故現場は、施設内の山間部の右カーブで道幅は約3mしかなく、センターラインやガードレールはありませんでした。

 

 乗用車は、急カーブを曲がりきれなかったために切り返そうとバックしたところ、後退しすぎて転落したものです。 

 

 山間部の狭い道路を走行していて、目的地を過ぎたとわかってUターンなどしようとバックすることがあります

 そのとき、山側のほうにバックするときには、落ちたりする心配がありませんので、ある程度無理をして車をバックすることができます。

 

 ところが、ガードレールがない場所で崖側のほうにバックするときには、路肩は崩れやすくなっているところがありますので、ちょっと無理をしてバックするとこの事故のように崖下に落ちてしまうことがあります。

 

 山間部の狭い道路で切り返したり、Uターンをしようとバックするときには、同乗者がいれば誘導してもらい、一人の場合は何度でも切り返すようにしましょう。無理は禁物です。

 

(シンク出版株式会社 2017.2.10更新)

■トラック運転者に理解しやすいイラスト中心の教育ツールです

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料Part3を発行

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」を刊行しました。

  平成29年3月12日に施行される「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針」の12項目に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月28日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。