期限切れを知って運転すれば無免許運転に

 先日、全国紙の新聞記者が運転免許証の有効期限が切れていることをと知りながら車を運転していたとして、石川県警が男性記者を道路交通法違反(無免許運転)の疑いで書類送検したというニュースがありました。

 

 運転免許の有効期限が切れていても、6か月以内なら「うっかり失効」として救済措置があり、無免許運転にはならないのではないか、と不思議に思う方もいるかもしれません。

 

 確かに、有効期限が切れてから6か月以内なら、有効期限が切れているのを知らずに運転している場合は無免許運転にはなりません。

 しかし、そのことを知りながら運転したときには、有効期限をたとえ1日でも過ぎれば無免許運転になります。

 

 この男性記者の場合は、有効期限が切れていた昨年7月に、警察官から免許証の提示を求められた際に無免許が発覚し、その後、翌8月にも金沢市内で右折禁止の場所を右折した際、取り締まりを受けた際に無免許が発覚したものです。

 

 無免許運転は故意犯です。

 有効期限をよく確認することはもちろんですが、期限切れに気づいたら絶対に運転してはいけません。

 

(シンク出版株式会社 2017.3.10更新)

■接触していなくても事故の責任を問われることがある

冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。