2017年

3月

15日

横断歩行者の後ろにいる歩行者にも注意

 さる3月9日午後8時15分ごろ、埼玉県熊谷市の交差点で歩いて横断していた高齢者が右折してきた乗用車にはねられ死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は、信号機も横断歩道もない十字路交差点で、横断中の男性は妻との買い物の帰りで、妻の後ろを歩いていたところを車にはねられたものです。

 

 夜間交差点を右折する車のライトは、右折先の進行方向を照らしませんので、横断歩行者を見逃しやすいのはご存じのとおりです。

 

 そのため、右折先の横断者には注意をするのですが、一人の横断者を発見すると油断することがあり、その後ろから渡ってくる歩行者を見逃してしまうことがあります。

 

 見逃すというよりも、どちらかと言えば「一人見つけたから、もう誰も来ていない」と思い込んでしまうと言う方が正しいかもしれません。

 

 夜間、交差点を右折するときには、横断歩行者がいてもその後ろにもまだ歩行者がいるかもしれないと考え、歩行者の後ろもチェックする習慣をつけるようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.3.15更新)

■非接触の事故でも、過失責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

4月25日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。