背もたれからお尻を離さない

写真はイメージです
写真はイメージです

 以前、カーレースの最高峰であるF-1レースの日本大会の競技長と仕事をしていたことがあります。

 

 その方の言われたことで印象に残っていることは、運転するとき運転ポジションです。F-1のレーサーは、自分の運転ポジションを決めるのに、2日も3日もかけているということでした。

 

 とくに、強調されたのが、シートに座ったときにお尻と背もたれの間に隙間を作らないということでした。

 

 隙間があるとブレーキを踏んだときに、まずお尻が後ろに下がって背もたれに当たり、そこを支えにしてブレーキペダルに力が伝わりますから、ブレーキが効き始めるまでに、コンマ何秒かの遅れが生じるのです。

 

 時速200キロ以上で走るF1カーでは、そのわずかな遅れが命取りになるのです。

 

 一般道路ではそんなにスピードを出さないからと侮ってはいけません。スピードが出ていなくても、コンマ何秒かのブレーキの遅れが命取りになることが少なくありません。運転するときには、背もたれからお尻を離さずに、きっちりとつけて運転する習慣をつけてください。

 

(シンク出版株式会社 2017.3.22更新)

■トラックドライバーの安全運転指導に最適なDVD教材

本作品は、トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。