合流時は1台ずつ交互に入ろう

 片側2車線の高速道路などを走行しているときに、たとえば走行車線で事故が発生して通行できなくなり、隣の追越車線に変更せざるを得ないことがあります。

 

 そのとき、たいていは1台ずつ交互に隣車線に入っていく習慣が根づいていて結構スムーズに入っていけるのですが、なかには合流車を入れないように前の車との車間距離を詰めてくる車がいます。

 

 先日、事故が発生して追越車線に移らざるを得ない状況に遭遇して、それまで交互にファスナー合流をしていたのですが、私の前の車が車線を移ろうとしたとき、追越車線の車がクラクションを鳴らして合流をさせませんでした。

 

 それまでは、1台ずつ交互に入って行っていたので、前の車は当然入れてくれるものと判断して、入ろうとしたのだと思います。

 そのとき、クラクションを鳴らされたものですから、慌ててブレーキを踏んで停止しました。

 

 隣の車線から自分の前に入って来られるのを嫌うドライバーの気持ちはわからないことはないのですが、交互に1台ずつ合流していく方がスムーズですし、お互いが気持ちよく運転できます。

 

 合流時に、自分だけわがままをするのはマナー違反だと思います。

 

(シンク出版株式会社 2017.3.29更新)

■非接触の事故でも、過失責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月26日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。