2017年

4月

12日

クラクションは鳴らさないようにしよう

 過去には街中を運転しているとクラクションを鳴らす車が結構いましたが、最近では滅多に聞くことがなくなりました。

 

 そのためクラクションの音を聞くと、奇異に感じることすらあり、それがトラブルの元にも成りかねないので、使用するにあたっては慎重さが求められます。

 

 さる4月6日午前11時半ごろ、 大阪府岸和田市の路上で軽乗用車を運転していた男性が、後続車からクラクションを鳴らされたことに立腹して、車内にあったドライバーで後続車の運転者の胸を刺すという事件がありました。

 

 どういう状況でクラクションを鳴らしたのかは定かではないのですが、これまでの運転経験からどうしてもクラクションを鳴らさなければいけない状況は、あまりないような気がします。

 

 クラクションを鳴らすケースとしては、信号待ちからなかなか出発しない前の車にクラクションを鳴らすなど、相手に注意をするために鳴らしているのではないでしょうか。

 

 ですから、どうしても鳴らされた運転者は気分が悪くなり、トラブルの元になってしまうのです。必要のないクラクションは、トラブルを招くこともありますので、あまり鳴らさないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2017.4.12更新)

■トラック運転者の安全指導に最適のDVD

 トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

4月25日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。