通学路での通行禁止違反に注意

補助標識によれば7時30分~8時30分は車両通行禁止道路
補助標識によれば7時30分~8時30分は車両通行禁止道路

 毎年警察庁は、春の全国交通安全運動期間中に、全国の通学路において朝7時から9時ごろまで、一斉の交通取締りを実施します。

 

 今年は4月12日に行われ、約2,900路線の通学路における道路交通法違反が、11,355件も摘発されました。

 

 一斉取締りでは、酒気帯び運転5件・無免許運転15件などの悪質違反逮捕もありましたが、もっとも目立ったのは通行禁止違反の6,684件で全体の58.9%を占めています。

 

 今年に限ったことではなく、通行禁止違反が6割近いのは毎年の傾向です。

 多くの通学路路線で通学時間帯の通行禁止を定めているものの、実際には守られていないという実態があるからです。

 

 時間帯を限って車両通行禁止の規制をかけていても、補助標識を見落としたり、規制を知りながら軽視して進入する車が後を絶たないので、取締りのない日も毎日多くの車が違反をしています。

 

 こうした通学路の安易な走行は、児童の交通事故に結びつく恐れがあります。

 

 皆さんもマイカー通勤などのため朝早く生活道路を走行する方は、自分が通行禁止道路(時間帯規制を含む)を走行していないか補助標識などを今一度チェックし、通学時間帯は幹線道路を中心に走行するように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.1.17更新)

■接触していなくても事故の責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

4月28日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。