バック時は車止めを当てにしない

 さる4月12日午前8時15分ごろ、大阪府の寝屋川市にあるスーパーマーケットの駐車場で、乗用車を運転する男性がバックで駐車しようとしたところ、車止めをすり抜けて店内に突っ込む事故がありました。


 運転していた男性は、「車止めがあると思い、アクセルを踏み続けてしまった」と話しています。

 

 車を駐車させるとき、駐車スペースに車止めがあると、そこに当たるまでバックしようとする人は少なくありません。

 

 車が駐車枠の中央付近に収まっていればよいのですが、少し車が駐車枠内からずれていると、いくらバックしても車止めに当たらず不安になることがあります。


 ほとんどの人は、不安になった地点でブレーキを踏んで止まるので、大きな問題は起こりません。ところが、車止めに当たるまでアクセルと踏んでいると、車止めの位置からずれている場合には、止まらずに思わぬ事故になることがあります。また、勢い余って車止めを越えてしまうこともあります。

 

 駐車するときには、車止めに当てにしてバックするのではなく、その手前で止まるつもりでゆっくりとバックするようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.4.18更新)

■トラック運転者の安全指導に最適のDVD

 トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。