スピード違反の身代わりはできません

速度取締り装置は運転者の顔を撮影できる
速度取締り装置は運転者の顔を撮影できる

 速度違反取締り装置で撮影されてスピード違反を摘発され、警察署に出頭するときに友人などに身代わりを頼む人がいます。

 

 その背景には、違反点数が累積していて免許停止になりそうだからとか、運転免許が切れていて無免許運転をしていたなど、のっぴきならぬ事情があると思います。

 

 さる4月19日、福井県でスピード違反をして出頭してきた男性が、会社の同僚の身代わりだったことが判明して、2人とも逮捕される事件がありました。

 

 出頭してきた男性の顔と速度違反取締り装置で撮影した運転者の画像が一致せず、身代わりが判明したものです。

 運転していた男性は、無免許で乗用車を運転してスピード違反を犯していたため、会社の同僚に身代わりを依頼したものです。

 

 身代わり出頭を依頼した人は、犯した違反のほかに犯人隠避教唆の疑いが追加され、身代わり出頭した人は犯人隠避の疑いが追加され、より重罪になります。

 

 現行犯で摘発をされたわけではないので誰が運転していたかわからないだろう、などという安易な考え方はしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2017.4.26更新)

■バス事業者のための「点呼ツール」を発行

 指導用テキスト「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法や記録方法などの基本的知識から解説し、実際の点呼時に使えるイラスト入り「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者のための点呼支援教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険なポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や旅客自動車運送事業運輸規則等の改正ポイントもわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。