子どもをトラックの荷台に乗せない

 さる4月23日午後7時前、山形県遊佐町で32歳の男性が運転する軽トラックの荷台に乗っていた8歳の息子がバランスを崩し、道路に転落して大けがをする事故がありました。 

 

 警察によりますと、軽トラックの荷台にはけがをした男の子を含め子ども3人が乗っていたということです。 

 

 軽トラックの乗車定員は、ほとんどが2人定員となっており、ドライバーのほかには大人1人しか乗車できません。

 

 子どもを乗せる場合には3人で大人2人に数えますから、大人1人で子ども1.5人に当たります。ですから、軽トラックに乗せられる子どもの人数も1人までとなります。

 

 ですから父親は、軽トラックの助手席に子ども3人を乗せることができないので荷台に乗せたのではないかと思います。しかし、道路交通法では荷物の見張りなどの例外を除けば、荷台に人を乗せて走ることは禁じられていますし、何よりも子どもだけを荷台に乗せておくのは危険すぎます。

 

 座席に乗れないからといって、荷台に子どもを乗せるのは絶対にやめましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.5.2更新)

■バス事業者のための「点呼ツール」を発行

 指導用テキスト「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法や記録方法などの基本的知識から解説し、実際の点呼時に使えるイラスト入り「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者のための点呼支援教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険なポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や旅客自動車運送事業運輸規則等の改正ポイントもわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

5月24日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。