そろそろ熱中症への注意が必要です

 気温がかなり上昇し日差しもきつくなってきました。風があって爽やかな日でも、駐車していると車内温度が非常に高くなっていることに気がつきます。

 

 そろそろ熱中症に注意すべき時期です。厚生労働省では、例年5月から熱中症で搬送される人がいるということで、今年は新たに5月から9月までを「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」時期に定めて注意を促しています。

 

 同省の調査によると、平成28年における業務中の熱中症による死傷者数は462人で、5月には12人の方が搬送されています(死者数はゼロ)。業務別では最も多いのは建設業の109人、次いで製造業97人、運送業52人と続きます。

 

 運転中や業務中は、日陰で休憩してこまめに水分補給を心がけるとともに、適度な塩分補給も意識してください。

 

 また、この時期は外気温がさほど高くないことに油断して、車のなかに子どもを置き去りにして熱中死となる事故がときどきみられますので、小さな子どもを車中に置き去りにしないように注意しましょう。

(シンク出版株式会社 2017.5.9更新)

■バス事業者のための「点呼ツール」を発行

 指導用テキスト「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法や記録方法などの基本的知識から解説し、実際の点呼時に使えるイラスト入り「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者のための点呼支援教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険なポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や旅客自動車運送事業運輸規則等の改正ポイントもわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月26日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。