渋滞車両の間を抜けてくるバイクに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる5月31日午後6時ごろ、長崎市の片側1車線の国道でバイク同士が接触する事故がありました。

 

 現場は片側1車線の直線道路で事故当時渋滞していたということで、1台のバイクが停車していた車列の左側を走っていたところ、車列の中にいたもう1台のバイクが同じように左側に出てきたために接触したということです。 

 

 この事故は片側1車線の渋滞道路でバイク同士が衝突した事故ですが、片側2車線道路でも渋滞に巻き込まれると、少しでも先に行こうとして車線を変えることがよくあります。

 

 そのときに、渋滞車両の間を走行してくるバイクを見落として、同じような事故を起こすことがありますので注意しなければなりません。

 

 渋滞中に車線変更するときには、隣車線の車があまり来ていないこないうちに済ませようとするので、車の動きだけをチラッと見てサッと行くことが多く、バイクの存在に気づきにくいのです。

 

 渋滞に巻き込まれても、不必要な車線変更をしないことと、万一車線を変えるときには車列の間を走行してくるバイクの存在を頭に入れておきましょう。

(シンク出版株式会社 2017.6.8更新)

■トラックドライバーのための安全教育DVD

 本作品は、トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。