水しぶきを跳ね上げない運転をしよう

画像をクリックするとJAFの動画サイトへリンクします
画像をクリックするとJAFの動画サイトへリンクします

 今年の梅雨はこれまでのところ沖縄県を除いて、空梅雨になっていますが、これからは本格的に雨が降ると思います。

 

 雨の日の運転では、いろいろな注意点がありますが、水しぶきを跳ね上げて歩行者などにかけないような運転をすることも重要です。

 

 車のドライバーは、浅い水たまりならあまり跳ね上がらないだろうと考えがちですが、結構な水しぶきが跳ね上がりますので注意しなければなりません。

 

 JAF(日本自動車連盟)では、道路にある約1センチ程の水たまりのなかを時速10キロ、20キロ、40キロのスピードで車が通過したときに、どれくらいの水しぶきが跳ね上がるかを実験しています。

 

 それによりますと、時速40キロで通過すると歩道を歩いている歩行者にかなりの水を跳ね上げてしまい、最長到達部で約2mも水はねが発生しました。また、半分のスピードの時速20キロまで減速しても、歩行者に水を跳ね上げています。

 

 雨の日に水たまりを通過するときには、スピードを落としたつもりでも「水はね」が発生することを頭に入れて、さらに慎重な運転を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2017.6.22更新)

■トラックドライバーのための安全教育DVD

 本作品は、トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月22日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。