高速道路では本線上に停止しない

画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません
画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる6月24日午前3時45分ごろ、愛知県豊田市の新東名高速道路で12トントラックを運転中に乗用車と接触事故を起こして停車し、トラックから外に出ていたドライバーが後ろから来た14トントラックにはねられ死亡する事故がありました。

 

 現場は、片側4車線のもっとも中央分離帯寄りの車線でトラックは乗用車の左側に並んで止まっていました。報道によりますと、約10分前に接触事故の通報があったということですので、10分間はその場に止まっていたということです。

 

 事故を起こしたトラックは、なぜそんな長い時間本線上に止まっていたのか理解に苦しむところです。

 何度も取り上げましたが、夜間の高速道路で本線上に停止していると後続車に追突される危険が非常に高いからです。

 

 後ろから来る車は遠くから前方の車を見ても、その車が走行しているのか止まっているのか判断はつきません。近くまで来て停止していることに気づいて、慌ててブレーキを踏んでも間に合わないことが多いのです。

 

 高速道路を走行中に事故を起こしたときには、その場に停止したりせずできるだけ路肩のほうに避難するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.7.5更新)

■トラックドライバーのための安全運転指導DVD

 本作品は、トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月24日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。