Uターンは慎重に行おう

 走行中にUターンするときは、対向車線の車と衝突事故を起こしやすいので、注意が必要です。

 

 さる7月6日午前7時25分ごろ、東大阪市の市道で中央分離帯の切れ目からUターンしようとしたミキサー車と対向車線のバイクが衝突し、バイクに乗っていた40歳の男性が死亡する事故が発生しました。

 

 現場は片側2車線の直線道路ですが、中央分離帯に植込みなどがあって見えにくい場所であったのに安易にUターンしたのが原因かも知れません。

 

 このように転回は危険な行為であるため、道路交通法では「車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、Uターン(転回)してはならない」と定められ、転回禁止場所ではターンすること自体が禁止されています。

 

 たとえUターンできる場所であっても、非常に危険な行為であることを肝に銘じて慎重に行動しましょう。

(シンク出版株式会社 2017.7.11更新)

■接触していなくても事故の責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や他人と直接接触していなくても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。