7月は飲酒死亡事故が多い

 飲酒運転による交通事故といいますと、年末の12月に多く発生しているようなイメージがありますね。

 

 確かに、飲酒運転による交通事故は12月に多く発生していますが、飲酒運転による死亡事故をみると7月がもっとも多く発生しています。

 

 警察庁のデータによりますと、飲酒運転の厳罰化がスタートした平成22年から平成28年までの7年間の飲酒運転による月別死亡事故件数は、7月は159件でもっとも多く、次いで5月の155件、8月の146件の順になっています。

 

 これは推測の域を出ませんが、夏場は車で海水浴に行ったり野外でバーべキューをする機会が多くあります。そういう場所に行くと、どうしても開放的な気分になってアルコールを飲んでしまい、つい飲酒運転をしてしまうのではないかと思います。

 

 これから夏休みに入ると、海や山などにレジャーに行く機会が増えると思います。気温も上昇して汗が出てくると、ついビールくらいならいいか、ちょっとしたら覚めるだろうと酒を飲みがちですが、酒を飲んだら絶対に車を運転しないと強い意思を持ってください。

 

(シンク出版株式会社 2017.7.14更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を理解できる教育教材

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修のもと、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

7月21日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。