ドアが開かなくなった時の備えがありますか

 交通事故が起こった時にドアが損傷して開かなくなる危険もあり、このため車両火災などが起こっても乗員が逃げ遅れて、亡くなる場合があります。

 

 去る7月12日に、徳島県鳴門市でトラックと乗用車が衝突して炎上する事故があり、トラックは事故のためドアが開かなくなりました。

 

 そこに、たまたま現場を通りかかった格闘技K-1の選手が、燃えるトラックの窓ガラスを肘で割って、負傷者を間一髪窓から救出することができたということでニュースになっていました。

 

 K-1の選手は肘をガラスで切ったということですが、私達一般人では、おそらく車のガラスを素手で割ることは無理でしょう。

 

 事故だけでなく車が水没した時などもドアが開かなくなる危険があります。こうした事態のために、ガラスを割って脱出する緊急用車載ハンマーがカー用品店などで販売され、シートベルトカッターもついている商品が普及しています。

 

 もしもの備えに用意しておきましょう。 

(シンク出版株式会社 2017.7.24更新) 

■トラック運転者に理解しやすいイラスト中心の教育ツールです

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料Part3を発行

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」を刊行しました。

  平成29年3月12日施行の「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針/12項目」に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月18日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。