目的地の気象情報に注意しよう

 豪雨警報の出る頻度が増えています。最近発表された気象庁の調査でも1時間に50ミリ以上の大雨が降る頻度が1970~80年代に比べて3割以上増加していることが明らかになりました。

 

 70年台から始まったアメダス統計の比較によると、1976~1985年の10年間にアメダス1000地点における50ミリ以上の雨は年平均すると173.8回、これに対して2007年~2016年は年平均232.1回と、33.5%増加しています。

 

 気象庁によると「雨の降り方が局地化、集中化、激甚化している」そうで、「80ミリ以上の雨では土砂災害のリスクが高まり、都市部ではマンホールから水があふれる浸水害が発生しやすくなる。気象状況が新たなステージに入ったと考えるべきだ」と警鐘を鳴らしています。

 

 運転中に突然の大雨にあうと前が見えなくなって非常に危険です。出発地の天気が晴れていても、目的地では豪雨や雷雨の可能性があります。

 

 こうした危険を常に考えて走行経路の気象情報に気を配り、場合によっては車による出張を電車に切り替えるなどの判断をしてください。

(シンク出版株式会社 2017.8.23更新)

■トラック運転者に理解しやすいイラスト中心の教育ツール

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料Part3を発行

 

 本教育ツールは、平成29年3月12日施行の「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針/12項目」に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。