堤防道路ではスピードの出し過ぎに注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる8月11日午前2時ごろ、富山県立山町常願寺川の右岸を走る堤防道路でワンボックスカーが河川敷に転落し、ドライバーが死亡する事故がありました。

 

 ワンボックスカーは対向車線を越えて草木の繁っている5m下の河川敷に転落しており、警察では運転操作を誤ったのではないかと見ています。

 

 深夜の堤防道路では、交通量も少ないためにスピードを出して走行する車を多く見かけますが、堤防道路は一般道路と違って危険要因が多く慎重な運転が必要です。

 

 その一つが、道幅も狭くガードレールがない所が多いということです。そのため、ちょっと運転操作を誤ると道路外に逸脱し、河川敷などに転落することになります。

 

 また、堤防道路は街灯がなく周辺が暗いことが多いので、視界の確保が困難ということです。自分のヘッドライトで照らす範囲でしか見ることができないために、道路形状など分かりにくいのです。

 

 堤防道路では、交通量が少ないからといってスピードを出さないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2017.8.24更新)

■悪条件下での事故発生の危険を自覚しよう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「堤防道路」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。