高速道路の路肩に停止したらその場に留まらない

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる8月25日、徳島県鳴門市の徳島自動車道で路肩に停車していたマイクロバスに、前方不注視の大型トラックが追突し2人が死亡する事故がありました。

 

 この事故は大々的に報道されましたので、ご存じの方も多いと思いますが、高速道路の路肩で停止することがいかに危険であるかを改めて思い知らされました。

 

 高速道路では、路肩に停車した車に後続車が追突する事故が起きます。そのとき犠牲になるのは、停車した車の周りにいる人と車のなかに残っている人です。今回も死亡した人は、車の外に出ていた運転者と車内にいた学生でした。

 

 バスの後方に三角停止表示板や発炎筒がなかったという報道もあり、路肩に停車する際の続発事故防止のための安全対策がきっちりと取られていたか疑問が残ります。

 

 追突したトラックの運転者は、「前をよく見ていなかった」と供述しており、三角停止表示板などを設置していても事故を防止することができなかったかもしれません。

 

 高速道路では、路肩の車に後続車が吸い寄せられるに追突することあります。路肩に停車したときには、その場に留まらないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2017.8.31更新)

■トラック運転者に理解しやすいイラスト中心の教育ツールです

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料Part3を発行

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」を刊行しました。

  平成29年3月12日施行の「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針/12項目」に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月20日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。