旅行帰りの飲酒運転に注意

 さる8月10日午後9時半ごろ、京都市の中学校の校長が大阪府吹田市内に酒気帯び運転で検挙される事件がありました。

 

 校長は同日午後4時半ごろ、旅行で訪れていた那覇空港で350ミリリットルの缶ビール1本を飲み、同6時ごろに伊丹空港に向かう機内でもう1本を飲んだということです。

 

 そして、空港に到着した後、乗用車を運転して帰宅途中に検問中の警察官に検挙されたものです。

 

 校長は、「飲酒から3時間以上たち、アルコールが抜けていると思った」と話しているということですが、その前にもビールを飲んでおり、アルコールが残っていたのです。

 

 遠地に旅行に行くとき、最寄りの駅や空港まで車で行き、帰りに車に乗って帰る人がいます。

 

 そのとき、旅行気分から「車に乗るまでに時間があるし、ビールならそれまでに覚めるだろう」とお酒を飲む人がいますが、アルコールは簡単には抜けませんので、事例のような飲酒運転になる恐れがあります。

 

 空港などから車で帰る人は、途中のお酒は我慢して家に帰ってから飲むようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.9.8更新)

■2018年版トラック・バス運行管理者手帳を発売開始

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。